top of page

Achieve compliance with less effort

Compliance Wizardはリスク管理・コンプライアンス業務の70%を自動化し、人月の削減とより高度なガバナンスを実現します。

​機能や価格知りたい・デモなど詳しく聞きたい方

Compliance_Wizard
Compliance Wizard

クローズドβ版として限定公開中!

※特許出願中

​※Microsoft for startup採択

Microsoft for Startups badge

変革する業務

Compliance Wizardは、リスク・コンプライアンスから、
ビジネスを支える皆様の業務をエフォートレスにします。

基準への適合業務

公知の基準に照らして、自社の現状を可視化し、改善点を洗い出す業務

  • ​ISMAP

  • ISMS

  • 監督指針

  • 事務ガイドライン

  • ​FISC安全対策基準

  • 経済安全保障推進法

  • IPPF

  • 防衛産業サーバーセキュリティ基準

  • ​SSPA  等

自主点検業務

公知の基準や自社ルールに基づいて、
運用状況を点検する業務

  • 自社規程

  • ​各種公知の基準やフレームワーク

  • 取引先のセキュリティチェックシート
    ​等

背景2.png

これまでのコンプライアンス

何故、コンプライアンスはEffortfulだったのでしょうか?

1. 

高度な専門性を要する

​リスク管理・コンプライアンス業務の実施には、基準・内部統制・評価への概念的理解や社内規程の実務的理解等が必要となり、こうした専門性を獲得するのに非常な労力がかかっていました。

2. 

大量の評価項目に対する労働集約

リスク管理・コンプライアンス業務は極めて労働集約的です。例えば300の評価項目を10部署に対して適用すると、3000項目の評価を行う必要があり、これが社内のリソースを圧迫し、結果として、点検が充分でなくなっていました。

3. 

膨大な関与者に対するコミュニケーションコスト

リスク管理・コンプライアンスを支える「運用評価」。各コントロールオーナーに証票を依頼し、リマインドを行う手間は膨大であり、ロジスティクス面で大きな負担となっていました。

これからのコンプライアンス業務は、
エフォートレスです。

専門性、労働集約、コミュニケーションにコストを投下する時代から、
AIでエフォートレス化し、限られた人的資源を重要領域に集中する時代へ

専門AIが処理を担う
 

AI Nativeなプロダクト設計。技術革新により2022年では不可能だった処理を、専門知識を取り込んだ状態で実行し、専門的な業務の処理を代替します。

​プロフェッショナルな設計

リスク管理、コンプライアンスの専門家が設計したユーザ体験は、業務品質と効率性を担保します。

ロジスティクスの
システム化

進捗管理、証跡依頼、改善のフォローアップ等、煩わしいロジスティクスタスクはシステムが担います。

2線・3線の業務を大幅に効率化

まずはお気軽にお問い合わせください

Compliance_Wizard

エフォートレスを実現する機能の一部

フレームワークの入れ替え

評価を行いたいフレームワークを入れ替え。自社の規定をセットしたルール型監査も実施可能。
 

​内部統制のデザインを瞬時に可視化/評価

文書をアップロードすると、要求事項に対する内部統制状況を言明、評価。高度なプロフェッショナルワークを90%代替。

証跡手続を自動作成
 

​内部統制に対する適切な評価手続きをAIが自動で提案。評価担当者の工数を大幅に削減。

証跡依頼を
自動リマインド

被評家者への証跡依頼を自動化。未提出資料の自動リマインドで、評価作業のわずらわしさを軽減。

証跡の自動評価
 

​AIが証跡の評価を代行。評価者はレビュワーになり、作業工数を大幅軽減。

導入事例

5社以上にPoC導入を行い、適合業務で劇的な成果が出ています。

ISMS適合宣言書の作成

ISMSへの形式対応を避けるため、重複する規程を作成することなく適合宣言書を作成したかったが、既存規程とのマッピングに非常な負担があった。当事例では、Compliance Wizardでドラフトを瞬時に作成し、その後プロフェッショナルが修正することで、工数を7割以上抑えつつ、形式対応を避けることができた。

ISMAPの基本言明要件の適合状況を確認

ISMAPにはおよそ150の基本言明要件が存在し、これらの充足状況を概括することが、コンプライアンスの第一歩となる。Compliance Wizardは、このうち約120項目への適合状況と改善事項を瞬時に導出、アセスメント工数を9割縮減することに成功した。

IPPFへの適合状況の確認

内部監査の国際的基準であるIPPFに対する内部監査規程・手順の適合性を簡易に確認したいが、コンサルティング会社に依頼する予算がなかった。Compliance Wizardを利用することで、基準に対する現状を可視化でき、適合性の確認を一定の精度で内製化することができた。

今後、コンプライアンス業務はもっとエフォートレスになります。
Compliance Wizardと共に業務を変革するイノベーターを募集しています。

Contact

先行申し込みフォーム

送信ありがとうございました

bottom of page